先頭に戻る

買い取りにはいくつかの書類が必要です

MENU

ネットで申し込むだけで簡単に洋服の買い取りができるのは便利ですよね。
でも、洋服だけ送ればいい・・・と思ったら、大間違い!
査定時に商品と共に必要なものがいくつかあります。
気が付く女の子

 

必要なもの

買い取りの申し込みをすると、宅配キットが送られてきます。
宅配キットは買い取り用の段ボールと着払い伝票が入っています。
段ボールは大きさや数が選べ、もちろん段ボールなし(自分で用意する)も選ぶことができます。
また、一緒に買い取りに必要な書類、梱包材も入っています。
これらの宅配キットは無料です。

 

宅配キットが届いたら、その中に入れるものがあります。

・買い取ってもらう商品
・買い取り申込書
・身分証明書のコピー
・(18歳未満のみ)親権者同意書

これらを段ボールに梱包します。
梱包

 

書類について

必要書類はどのようなものか気になりますよね。
買い取りサイトによって形式は少しずつ違いますが、ほとんど書く内容は同じです。

 

買い取り申込書

宅配キット内に入っている用紙(PDFから自分で印刷することも可能)で、下記の項目を記入します。

・氏名
・住所
・電話番号
・メールアドレス
・買い取り成立した場合の入金先の口座

入金の口座の名義ですが、氏名欄に記入した人と同一名義である必要があります。

万が一、間違えて記入してしまったら・・・
あわてなくても、大丈夫!
買い取りショップから、不明点は確認のメールが届きます。
記載する時に『間違ってしまうかも・・・』と心配する必要はありません。

申込み用紙を書く

 

身分証明書コピー

運転免許証、健康保険証、外国人登録証明書、パスポート、住民票 など…
住所が買い取り申込書で記入した現住所が記載されていることが必須です。
また、有効期限が切れているものは使用できません。
免許証

 

親権者同意書

18歳未満の方(高校生も含む)が買い取りを利用する場合に必要になります。
同意書はPDFで印刷できます。
用紙には下記の項目を記載し、捺印(シャチハタ不可の場合もあります)が必要になります。

・親権者氏名
・続柄
・親権者の住所
・親権者の電話番号

学生の女の子

 

買い取りが成立がしない場合でもこれらの書類は返却されることがありません。

 

個人情報が心配…という人もいますよね。
サイト内に個人情報の取扱いについての記載があります。
基本的に、利用したショップの顧客管理のみに使われます。

 

私自身、いつくかの買い取りサイトで洋服を売ったことがありますが、迷惑メールや変なダイレクトメールが増えると言うことはありませんでした。

 

もし、どうしても心配な場合は、利用する前に個人情報の取り扱いについて、しっかり読んでおくのがいいですね。