先頭に戻る

要らなくなった衣類を賢く活用する方法

MENU

サイズが合わなくなった、デザインが古くて着なくなったなどクローゼットの中に要らなくなった服が眠っていませんか。
みなさんはそのような要らなくなった服をどうしていますか?

 

「またいつか着るときがくるに違いない」とか言ってクローゼットの中に入れっぱなしにしますか。
でも、それでは新しい服が入りませんよね。

 

捨ててしまいますか?
誰かにあげてしまいますか?
リサイクルショップや買取専門店に売りに出しますか?
フリーマーケットに出しますか?

 

ここでは「捨てる」「売る」以外の活用方法を紹介します。
たくさんの服

 

リメイクする

新しい洋服にしたり、バックやポーチといった雑貨にリメイクする方法があります。

 

例えば…

  • ジーンズ、パンツの裾を切るだけでショートパンツに変身
  • Tシャツの袖や裾、首をカットしてシルエットに変化を
  • 大人用シャツから子供用スカートを作成
  • 着物を解いて、ポーチやバックにする

いろいろなものにリメイクすることができます。
切るだけでリメイク可能なものもありますし、手の込んだ作業を必要とするものもあります。
デニム生地を縫う

 

でも、自分でリメイクするのは難しいし、時間がないと思っていませんか。
裁縫が苦手でも大丈夫です。
リメイクしてくれるお店もあります。
お直しの専門店ならば、製品本来の良さを生かしたままリメイクしてくれますよ。
もし、自分の住んでいるところでお直し専門がない場合でも、インターネットで受付しているお店もありますので活用してみて下さい。

 

寄付をする

海外へ送る団体も増えています。
NPO団体の場合、輸送費の負担があります。

 

また、企業でも自社製品に限るといった条件がありますが、着なくなった服を集めて海外へ送っているところもあります。

 

もちろん、寄付する場合は次にその服を着る人がいることを考えて送ってくださいね。
寄付