先頭に戻る

リサイクルショップと洋服買取サイトの違い

MENU

もう着なくなって服を処分するのに捨ててしまうのはもったいないですよね。
ネットを見れば洋服買取のサイトも数多くあります。
また、リサイクルショップもたくさん見つかります。

 

どちらも着なくなった服を買い取ってくれるところですが、洋服買取とリサイクルショップってどこが違うのでしょうか。
洋服

 

洋服買取サイトの場合

主にブランド品の買取を行っています。
ブランドによっては買取強化をしている場合もあります。
残念ながら、ローブランド品は買い取りしていません。
売る前にはぜひ確認したいですね。

 

サイトを見てもわかるのですが、査定は1点1点専門のスタッフさんが行います。
1点ずつ値段がつくので、買取額も結構よかったりします。
しかし、買取できないものも決まっています。
査定を行う前に買取対象になっているか、確認が必要です。
チェック

 

こんなものは洋服買取サイト

ブランドもののバッグ、洋服、アクセサリー
使用頻度が低く、流行遅れでないものは、高く買取されます。

 

リサイクルショップの場合

リサイクルショップでの洋服の買い取りは重さで値が付くことがありますし、査定する場合もあります。
また、査定をする店員さんがパートさんだったりすることが多いので、商品知識が少ない人が行うことが多いです。
もちろん、マニュアル化しているので、大抵のものはそれにのっとって査定されます。
レアな商品を持ち込むと、価値がわかってもらえず安くなってしまうこともあります。
ショック

 

あと、リサイクルショップでは持ち込まれた状態で売りに出されるので、ボタンが取れていたり、ほつれがあったりすると買い取ってもらえないことも。
店員さんが直して商品として並べるなんてことはしません。
あくまで、不用品を処分ができてちょっとお金が手に入ってラッキーぐらいに考えるといいですね。

 

こんなものがはリサイクルショップ

要らない衣類、バッグ、小物全般
ショップによっては、汚れや名前が書いてあってもOKなところもあります。