先頭に戻る

洋服買取金額は季節で変わる?

MENU

季節で買取金額は変わります!

着なくなった服を買い取りに出すのはクローゼットの整理ができて良いですよね。
でも、いくら整理ができるといっても売る時期を考えてみましょう。
たくさんの洋服

 

シーズンオフの服がクローゼットにあるのは嫌かもしれませんが、それはお店側も同じです。
つまり、『要らない商品』のため、査定金額は低くなってしまう可能性があるのです。

 

シーズンオフの服は売り場に出せないので、当然倉庫に保管されますよね。
場所だってクローゼットと同じように限られます。
売れるまでの間に保管費が発生してしまうのです。
また、管理している間に傷んでしまうことも。

 

お店側だってすぐに売り場に出せないものは引き取りたくないのです。
お店によっては引き取ってもらえないこともあります。
では、季節品はいつごろ売りに出せばよいのでしょうか。
売り時は?

 

シーズン前が売り時!

普通の洋服屋さんでも、シーズンオフの服は置いてないですよね。
置いているのはシーズン物かちょっと先取りした物です。
洋服屋さん

 

お客さんもシーズンが来る前に揃えたいですよね。
例えば…年明けになると春の新作が売り出されます。
夏のボーナスの後には秋の新作が売り場に出されます。

 

古着も同じです。
店側もシーズンが来る前に商品を揃えたいものです。

 

ですから、売りどきは春物なら2〜3月上旬ぐらい、夏物は5〜6月上旬、秋物は8〜9月、冬物10〜11月がおススメです。

 

買取価格にも差が出やすいので売る前にチェックしてみて下さい。
ただし、女性物は流行があるので、来年は着ないなと思ったら早めに査定に出してしまう方がいいです。
流行の洋服

 

避けたい時期

売りに出すのを避けた方がいい時期もあります。
季節品ならシーズンオフはもちろん避けたいです。
が、他にも避けたい時期があります。

 

それは、引っ越しが多くなる時期です。
引っ越し

 

引っ越しとなると当然片づけますよね。
また、少しでも引っ越し先に持って行く荷物を減らす為に売りに出されることが多いからです。

 

売りたい人が増えれば、買取価格も下がってしまいますよね。
ですから、引っ越しシーズンは避けるようにしましょう。

 

時期をずらすだけで、買取金額アップするかもしれません♪