先頭に戻る

洋服を高く売るために気を付けたいこと

MENU

クローゼットを圧迫している不要な洋服。
ゴミとして処分してしまえばゼロ円ですが、ネットの買取サイトで売ればお金に変わります。
そして、ちょっとしたコツをつかめば、買取査定額がアップします!
普段から気を付けておいた方が良い事なので、今後、洋服を売ってみたいと考えている方は参考になさってください。

 

ズバリ!キレイにしておく

売りに出す洋服たちは、言わば『商品』です。
商品価値を高めるためには、『まだキレイで着れそうだな』と思わせることが第一です。
そうは言っても、クリーニングに出す必要はありません。
日頃からちょっとしたメンテナンスをすることで、洋服もバッグも一段と価値が上がります。

 

ボタンの取れがないか

見落としがちなのがポケットの飾りボタンなど、使用上差支えがない部分です。

 

気が付かないうちになくなってしまうことがありますが、ボタンが1個ないだけで買取してもらえない可能性も出てきます。
取れかけているボタンはしっかり縫い留めておきましょう。

 

洋服を買ったときについてくる予備のボタンはなくても買取額に差は出ませんが、売りたい服のボタンがなくなってしまった時に備えて保管しておきましょう。

 

汚れ落とし・シミ抜きはこまめに

シャツやブラウス、白っぽいアウターなどで気になりがちなのが、襟や袖口の汚れです。
日頃から漂白剤などを使ってケアしておけば防げるものもあります。

 

しかし、べっとりとこびりついて蓄積した汚れはなかなか落ちません。
食べ物のシミも時間が経つと落ちにくくなります。

 

洗濯前に汚れはないか、確認してから生地を傷めないように洗濯しましょう。

 

においが付かないように注意

タバコを吸う人や匂いの強い香水を使う人は要注意です。
においのある衣類は買取してもらえないことがあります。

 

においの感じ方は人それぞれですが、気になる場合は査定前に陰干しして風を通し、においが残らないように気を付けましょう。

 

タグは取らない

洋服の首の後ろ辺りに縫い付けられているブランドタグは取らないでください。
タグは、そのブランドであることの証明になります。
タグが無いと、ブランドと見なされずに買取できない理由になります。