先頭に戻る

買取サイトで売れない服の条件とは

MENU

今、手元にある服が本当に売れるのか・・・?
洋服買取サイトを利用する前に感じる、1番の不安です。

 

私の場合も「値段がつくか」より、「こんなのを送ったら恥ずかしいのでは・・・?」と言う不安の方が正直大きかったのです。

 

でも、勇気を出して送ってみたら、売れない服と売れる服の差がハッキリわかりました。
それと、買取ってもらえないものも、リサイクル処分できることがわかりました。

 

また、ネット買取はお店の人と顔を合わなくて済むので、例え買取ができなくても恥ずかしいと言う感覚もありませんでした。
送った箱

 

売れない服の条件

着用ダメージのある服

ニット類は厳しい目で見られている気がします。
毛玉だけでなく、生地の毛羽立ち、色落ちも売れない理由になります。
香水などのニオイが付いている場合もNGなようです。

 

昔流行った服

定番の形で状態が良ければ、昔の服でも売れましたが、明らかに「●年前に流行ったよね」とみんなが覚えている服は売れませんでした。
私の場合、季節外れのペプラムブラウスが、この理由だろうな〜と思っています。

 

定価の安い服

カットソーなど、定価が3〜4千円前後のものは売れませんでした。
未着用の場合はわかりません。

売れない服はどうなる?

値段が付かなかった服は、希望すれば送り返してもらえます。
送り返してもらっても査定額に影響はなく、返送料もかかりません。

 

要らない場合は、リサイクル処分を希望すると、送り返されることはありません。

 

売れる服の条件

ちょっと高めの人気ブランド

スカートやパンツは1万〜1万5千円程度、ワンピースなら2万円前後で買える定番人気のブランド物は、多少古くても100〜200円くらいの値段が付くように感じました。
具体的にはアプワイザーリッシェやシュープリームララがそうでした。

 

2年以内に買った服

去年買ったけど、ちょっと大きかったコートも売れました。
毛玉とか、生地の傷みが全然なかったのが良かったのかも。

 

着用回数が少ない服

買ったはいいけど、値札を付けたまま着ないでクローゼットに眠っていた服です。
他にも、覚えている限り着用回数は5回以下だなと思うような服は買取のプロから見ても良い状態だったようで、売れました。