先頭に戻る

おすすめ洋服買取サイトはこれ

MENU

着物はステキだなと思うのですが、今の生活で着ることは少ないですよね。

 

着物を着る機会があるとすれば…

  • 成人式
  • 卒業式
  • 結婚式
  • 七五三

ぐらいでしょうか。

 

もちろん趣味で日本舞踊やお花、茶道などする人は着物を着る機会も多いと思われますが、実際、着物はそれほど身近ではないと言う人が多いのが現実です。

 

しかも、着物っていろいろ種類がありますよね。
よく知られているのが「振袖」と「浴衣」ではないでしょうか。
友達の結婚式でも多く見られるのがこの振袖です。
結婚式で浴衣なんて人いないですよね。
では、他にどんな種類の着物があるのでしょうか。

 

着物の種類

着物は種類が多くあり、TPOに合わせて着ることがマナーです。

 

フォーマル用

柄の付け方によって区別されます。

 

黒留袖

裾に模様が入っており、背中・両後ろ袖・前胸元の計5個の家紋が入っています。
結婚式で新郎新婦の母親や仲人、親族の既婚女性が着る既婚女性の第一正装です。
黒留袖

 

色留袖

こちらも5個の家紋が入っている場合は黒留袖と同格になります。
色留袖は既婚、未婚に関わらす着ることができます。
また、家紋の数を3つ、1つに減らすことで格が下がり、訪問着や付け下げと同じシーンで使用できます。
家紋一例

 

振袖

黒留袖が既婚女性の第一正装ならば、振袖は未婚女性の第一正装です。
絵羽模様と長い袖が特徴です。
卒業式の時、袴に合わせて着ることもできます。
また、模様によっては結婚後に袖を切り、訪問着に仕立て直すこともできます。
振袖

 

訪問着

絵羽模様が特徴ですが、振袖とは違い長い袖はありません。
結婚式以外に子供の七五三や入学式でも使用できます。

 

付け下げ

着た時に全ての模様が上に向くようになっています。
訪問着と同格のものから、カジュアルにも着られるものまで幅広いです。

 

色無地

無地の着物で一色で染められています。
一つ紋をつければ格が上がり、礼服として着ることができますし、つけないものはカジュアルでも着ることができます。

 

カジュアル用

小紋

着物全体に同じ模様が上下なく繰り返している着物です。
柄つけによって分類することができます。
浴衣も同じです。
小紋

 

着物の見分け方

こんなに多く種類があると、どれがどの着物なのかわからないですよね。
簡単に見分けるには柄に注目してみるのがよいでしょう。

  • 留袖は腰から下にしか柄がない。
  • 訪問着は広げた時に1枚の絵のような柄あわせある。
  • 付け下げは柄が繋がっていない。
  • 色無地は柄がない。
  • 小紋は同じ柄の繰り返し。

 

素材の違い。

最近は洗濯がしやすいように化繊でできた小紋もあります。
これを見分けるには裏の端を少しとって燃やしてみます。
絹であれば、髪の毛を燃やしたときのようにチリチリになります。
化繊の場合、黒煙とともに炎を上がります。
燃やす場合は気をつけて行うようにしましょう。

 

化繊で出来た着物は安価でお手入れもしやすいのがメリットですが、着物の価値としては下がります。
また、長期保存でほつれたりすることもあるため、カジュアルに着たり、流行り物の柄を着たい時に利用するのが良いでしょう。

 

昔と同じ全て絹でできた生地は生絹と呼ばれます。
しっとりとした重さが肌に心地よく、高級品として扱われますが、保存中にシミができやすく、お手入れが大変です。
淡い色の着物であれば、シミが出来てしまった時に、濃い色に染め変えて、シミを目立たなくすることもできます。

 

洋服と違い、着物は古いデザインでもステキに着こなすことができますが、保存中の劣化は着物の見栄えを悪くします。
着る機会がなく、もう数年以上しまったままの着物であれば、そのまま保管するより着物リサイクル店で売ってしまった方が良いかもしれません。
家も片付くし、着物も新しい持ち主に大切にしてもらえることでしょう。

 

着物買取り【査定・送料、完全無料】1枚から申し込みOK