先頭に戻る

洋服を減らしたいなら、処分方法を工夫しよう

MENU

服がありすぎ

私は洋服が捨てられない女でした。
詰めすぎてタンスの引き出しの底が抜けるくらい、洋服をギュウギュウに押し込んでいた時期もあります(ーー;)

 

でも、気が付いたんです。

  • 着ている服って、意外と少ない!
  • しかも、着なくなった服は年々似合わなくなる・・

それからと言うもの、洋服を減らす努力をするようになりました。

 

でも、捨てるのはもったいないですね。
そこで、捨てるのではなく、売れそうな服は全部買取査定に出すことにしています。

 

今では、誰に開けられても堂々としていられるくらい、タンスもクローゼットもスッキリ♪
理想の8割収納をキープできています!

 

プチプラブランドもOK!【送料無料】宅配買取

 

洋服が捨てられない人に

捨てられない

洋服を減らしたいのに、できない理由のNo.1は「捨てられない」。
心当たりあると思います。

 

捨てられない理由は、「めんどくさい」って言うのもあると思いますが、やっぱり「もったいない」「まだ着れるかも」「あまり着てないのに」みたいな洋服に対する未練が多いのではないでしょうか。

 

スッパリ断ち切るには、「捨てる」のではなく「売る」。
そして、いらない服がなくなってスペースが空けば、部屋がキレイになることを実感すること。

 

洋服を保存し続けるより、手放した方がメリットが大きいことがわかれば、自然と洋服を減らす習慣がつきますよ。

 

私が洋服を減らした理由

こんなに要らないの?

きっかけは引っ越しです。
同じ部屋に7年住んでいたんです。
その間、買い物をしても捨てる作業はほとんどしませんでした。
起用にクローゼットを仕切って、隙間が見当たらないくらい詰め込んでいました(*_*;

 

引っ越しで荷造りする時に気が付いたんですが、「いつの時代?」と驚くようなスカートやトップスが出て来る出て来る・・・
さすがに荷物になるしな〜と思ってその時は捨ててしまいました。
実は、捨てる洋服の量が、持って行く洋服の倍以上あったんです!
今までこんなにムダなスペースを使っていたんだ・・・と、深く反省しました。

 

モノグサさんこそ、宅配買取!

土日でも大丈夫

買取に出すのって、めんどくさいイメージがありませんか?
私もリサイクルショップに持って行ったことがありますが、査定に15分くらいかかって「面倒だな〜」と感じました。
なので、最近はリサイクルショップに持ち込むことはなくなりました。
代わりに利用するのが多くなっているのが、宅配買取サービスです。

  1. ダンボールを取り寄せる
  2. 洋服と書類を詰める
  3. 集荷依頼する

この3ステップで査定を受けられます。
ダンボールの受け取りや集荷依頼は土日を指定することもできるので、平日は仕事で帰りが遅い人でも大丈夫です。
査定会社とのやりとりはメールが基本なので、電話に出る必要もありません。
何度利用しても送料無料と言うこともあり、衣替えの度にダンボールを取り寄せています。

 

洋服を減らしたいのであれば、大きめのダンボールを指定して取り寄せると、50着〜100着くらい入りますよ。
タンスの引き出し1〜2杯分です。
万が一買取できない洋服でも、業者側で処分してもらえるので、ゴミ捨て場まで洋服を持って行く手間が省けます。
買った服を入れる場所がなくて困っているなら、まずはダンボールを取り寄せてみませんか?

ダンボール・送料・手数料が全部無料!